効果がある

えがおのブルーベリーはその高い実感力で人気です。えがおのブルーベリーは一般のブルーベリー果実の約333粒分に相当するアントシアニン吸収量があります。それで、あの価格はとてもお得です。ブルーベリーは美容と健康に良い食材として有名です。なかでも、ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、強力な抗酸化作用があり、活性酸素を抑制します。えがおのブルーベリーにはさまざまな生活習慣病に効果があります。眼精疲労や視力維持や視力回復だけでなく、美肌効果、循環改善作用、抗炎症作用、活性酸素抑制、若返り、などのさまざまな効果が期待できます。ですから、アントシアニンの含有量が多いえがおのブルーベリーに人気が集まっています。アントシアニンにはさまざまな健康増進効果があります。

ブルーベリーは20世紀生まれの果実です。果実がキレイなブルー色をしていることからブルーベリーという名がつきました。ブルーベリーの歴史のはじまりは1620年です。ヨーロッパ大陸からアメリカに移住したネイティブアメリカンの人々から分けてもらったものを食べたのがはじまりです、野生種のブルーベリーはネイティブアメリカンの食生活には欠かせない果実です。古くからビタミン類の摂取するために食べられてきました。移住民は分けてもらった野生種のブルーベリーのおかげで生き延びることができました。ですから、アメリカでは、ブルーベリーは命の恩人と呼ばれ広く親しまれています。日本では、1970年代ごろから盛んに栽培をされるようなり、有名になりました。